江の島海水浴場片瀬東浜-ENOSHIMA EASTSIDE BEACH-

江の島海水浴場営業組合片瀬東浜組合長の挨拶

臼田征弘

この江の島海水浴場片瀬東浜は湾になっており遠浅で波が穏やかです。ヨットやウィンドサーフィンを楽しむお客様もいらっしゃいますが、砂浜も広く子供にも安全な為、家族連れも多く訪れる浜です。
日本の海水浴場の中でも歴史が古く、「日本の海水浴場55選」にも選ばれております。
また、三浦半島まで見える眺望も魅力的な安心・安全な浜です。
是非江の島海水浴場片瀬東浜へ遊びにお越しください。

海の家MAP

アクセス

安心・安全なビーチ作り

  • 01

    江の島海水浴場片瀬東浜には
    下水道が完備されています!

    砂浜の中に下水管、計460mが埋設され、海の家の設備から出るシャンプーやリンスの化学物質の交じった水や、食べ残しの汁も下水処理されます。下水管設置により、市が設けている19か所のトイレは汲み取り式からすべて水洗式に生まれ変わりました。

    砂や海の汚れが軽減され、砂が銀色をしていてもっとサラサラであった頃に戻る様、長く清潔でキレイな海水浴場を目指します。

  • 02

    ライフセーバー監視体制も
    バッチリです!

    日々変化する海の状況をライフセーバー自身が感じ取り、それを遊泳者の皆様に分かりやすく伝え、事故が起きないように声かけをするなど、事故を未然に防ぐ活動に重点を置いて江の島海水浴場片瀬東浜に来る皆さんを常に見守ります。

  • 03

    砂浜から釘をなくす
    努力をしています!

    「海岸における釘の散乱状況調査の実施結果(2010年・かながわ海岸美化財団)」によると片瀬東浜を含む湘南海岸の5海岸で1日に回収した釘は、約19,000本にのぼり、海の家の解体時に釘を落とさない工夫などが必要だとされています。

    全国でオープンする海の家の建築において、釘などの危険物が放置されたままの海岸が改善される機会となるよう願いを込め、NPO法人海さくらと日本財団は、2017年、日本で初めて片瀬東浜海水浴場の砂浜に「釘のない海の家」を建築しました。

    今年も引き続き「釘のない海の家」を建築しみんなが安心して裸足で砂浜を歩ける様に、砂浜をより「安心」「安全」な場所とする為に、釘を一本も使用しない海の家の工夫があらゆる浜で実施され、釘が浜からなくなる事を願います。

  • 04

    海ばなれしてしまった子供達が
    戻って来れる様な安心・安全な
    海水浴場を目指します!!

    いま、全国的に子供達の海ばなれがすすんでいると言われています。家族連れも多く訪れる江の島海水浴場片瀬東浜も例外ではありません。安心・安全なビーチづくりの為に、江の島海水浴場片瀬東浜では、昨年「釘のない海の家」を建築しました。

    今年は、新しい子供達のあそび場「ちびっこBEACH SAVER公園」を作ります。海の手前の砂浜で子供達を遊ばせてあげる事により、少しでも海を身近な存在に感じてもらい、もっともっと沢山の子供達が海を大切に思い、海に遊びに来てくれる事を願います。

  • 05

    反社会的勢力の排除に
    力を入れています!!

    皆様に安心して遊んで頂けるように、反社会的勢力の排除に努めております。

片瀬東浜のルール